あさひ整骨院
MENU

尾張旭市でアトピーにお悩みの方はあさひ整骨院へ

尾張旭市でアトピーにお悩みの方はあさひ整骨院へ

アトピー整体

アトピー性皮膚炎でお悩みの皆様へ

アトピー性皮膚炎に関しての情報は
今でも様々な情報があり
判断が難しいため
「これで治った、あれをして改善した」という声が
ある一方で「何をやっても改善しない、良くならない」という声が
あるのも事実です。
院長の自分も生まれた時から
アトピー性皮膚炎になっていて、
今までいろんなことを試してはダメの繰り返しで今まで過ごしてきました。

「このままではマズイ。一生このままは嫌だ!!!!!」
ということで勉強していく中で実は大事なことに気がつきました。

それは
「アトピーに限ったことではないけど、自分の生まれ持っている
自然治癒力を高めると 健康な体になるのでこれができていると
大きく改善する」
ということです。

赤ちゃんや子供さんをもつ親から見て、
これからの将来が心配になりますよね?
大人になって急に出たアトピーは本当に治るのか不安ですよね?

今までの取り組みで良くならなかったのであればそれは
お体にあってない可能性が大きいですし、
放っておいても自然と良くなることはありません。

ですが、そのツラいアトピー性皮膚炎の症状を改善する答えは
ここにあります。

『アトピーなどのアレルギー疾患って病院でするものじゃないの?』
とほとんどの方が考えると思いますが、あさひ整骨院での整体は
病院での対処療法とは違いそうなってしまった原因、
根本から治療します。

そのため丁寧な問診・検査で一人一人の状態を確認しながら、
症状の改善を行っていき、日常生活におけるアドバイスもしていきます。

そもそもアトピー性皮膚炎って何?

アトピー性皮膚炎は表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥と
バリアー機能異常(良くなったり悪くなったりを繰り返す)という皮膚の
生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応
が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする
湿疹・皮膚炎群の一疾患である。
患者の多くはアトピー素因を持つ。
(日本皮膚科学会ガイドライン参照)

アトピー素因とは

家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、
アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)のことを指します

これ以外にもアトピー性皮膚炎になる原因として
遺伝的要因、栄養要因、環境要因がありますが
これというのが今でもわかっていない現状があります。

アトピー性皮膚炎の症状
・症状(炎症)は頭部に始まり、次第に顔面に及ぶ。
 そして体幹、手足に下降状に広がる。
・広範囲にわたり乾いた慢性湿疹がでる。
・赤い湿疹、結節などができ激しい痒みを伴う。  
 じんましんを伴うこともある。
・思春期以降は、頭皮に大量のフケが出る
・分布は左右対側性であること(湿疹が大体左右同じ場所にできる)

まだ他にもありますが、これらが大きな症状になります。
ここまでが一般的に病院の先生が見ている視点から見たアトピーです。

ですがあさひ整骨院では、また違った考え方や視点から施術を行います。
上記にも書いた
「自分の生まれ持っている自然治癒力を高めると健康な体になる」
の考えのもと、これになるにはどうしたらいいかを主においています。

当院の考えとしてアトピーとは、人間の身体の機能の歯車が
少しズレてしまった状態、
多くにみられるのが、肝臓などでの毒素の分解が不十分で
体内の毒素をウンチやおしっこだけで排泄できない
そういった状況が重なることで皮膚に毒素が現れ、アトピーを引き起こします。
なのでお体の矯正や調整をしてちゃんと毒素や排泄を促し
身体に毒素を溜めないようにすることでその力が正常に働く手助けを行います。
そうして患者さま自身が持つ力を最大限に発揮させることで完治することができます。

ではアトピーの原因って何?

アトピーの原因はズバリ 「排毒・排泄障害」です
体の毒素や不純物を外に出す手段として
ウンチやおしっこ、汗、皮膚からの4つしかありません
その中で皮膚に比重が強いとそこからしか毒素が出ないためアトピーがひどくなります。
ですがそれはひどいのではなく正常な反応なのです。

しかし皮膚からしか毒素が出ない状態はアトピーの症状もきつくなるので
病院では ここでステロイドを塗るのですが、
これは症状であって原因では ありません。
なのでここで炎症を抑えてもまた皮膚炎は再発します。
(基本的に病院の治療はこれの繰り返しになります)
この繰り返しを断つためにあさひ整骨院のアトピー整体では
原因である排毒、排泄が身体で正常に行われるように整えます。
そして天然のステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)が
分泌しやすい脳の環境を作ります。
排泄とホルモン分泌が正常になった時
アトピーの皮膚炎は身体から消えてなくなっていきます。

良く使われるステロイドって何?副作用はあるのか?
ステロイドとは人間の体内で分泌されるホルモンといわれる
一連の物質の中にステロイド環という共通の化学構造を持つものがあり
これらをステロイドホルモンと呼びます。
副腎皮質ホルモンのうち糖質コルチコイドと呼ばれるものは
炎症を抑える力が非常に強いことが分かりました。
その糖質コルチコイドの働きを利用して作られたのが ステロイドです
とにかくステロイドは炎症を抑える効果が抜群の為、
ほとんどの病院では ステロイドを出すのですが、
ここで大事なのはステロイドを塗ってもそれは
抑制、軽減を目的とする薬であり、
原因を治療する効果は一切 ありません。

アトピー性皮膚炎の患者さんにステロイドをしてもらうと
長期にわたって利用し続けるといろいろな副作用が出てきます。
その副作用ですが、細菌、真菌感染の誘発により感染症に弱くなる、
(ニキビやヘルペスなど)、皮膚が委縮し薄くなりしわができやすくなる、
毛細血管が拡がるので身体に血管が浮き出てくる、多毛になる、
皮膚の色素沈着が出てくるなどが挙げられます。
ではなぜ副作用が出るかというと、
本来人間が持っている治癒能力があるのですがステロイドを塗り続けることで
有害なものから身体を守る皮膚の機能も弱め
皮膚自身の回復機能も低下させてしまい、それが原因で様々な副作用が生じるのです。

ここで知っていただきたいのは、
ステロイドは便利な薬なのかもしれないですが治す薬ではないということです。
つまり抑えるだけの薬なのです。
そのため、副作用が出るのを我慢しながら
一生使い続けなければならないのです。

アトピーを治療・改善していくために必要なこと、治療の流れについて
先ほどにも書きましたがステロイドだけではアトピーは治りません
なので必要なことは、 「身体の矯正と調整」「栄養補給」「保湿」です
これを徹底していくことで改善します。

世の中にアトピーを改善するための商品がたくさんありますが
まずは 「身体の矯正と調整」が一番最初にすることです。
頭蓋骨や内臓調整にて天然のステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)を
出やすい環境を作ります。
そして毒素をちゃんと外に排泄できる体作りをしていきます。
アトピーに限らずアレルギー疾患に罹患している方、 子供の特徴として
頭がむくんでいることが挙げられます。
頭を小さくする事でアレルギー症状を緩和していきます。
その他生活習慣や食生活も変えていかなくてはならない場合も多いので
そこのアドバイスもさせていただきます。

「栄養補給」
体の毒素を外にちゃんと出せる状態にし、体の調子を正常にして、
自然治癒力を高め、この状態で摂った栄養補給がものすごい効果を出してくれます。
当院が扱っているサプリメントですがマイクロアルジェという会社が作っている
天然由来のサプリメントのためほかの会社が扱っているものとは
けた違いの高品質です
そのため身体への吸収率も高く、アトピーの改善にお勧めです

ココリス

特に大切な商品のひとつで「ココリス」と言います。
体質改善や皮膚の治療に大事なカルシウムが多く摂れます。
アトピー性皮膚炎の方には必須のサプリメントです

そして保湿です アトピー性皮膚炎の方は器質的に皮膚が乾燥しやすいです。
しっかりと保水と保湿をすること。スキンケアも治療の一環です。
また香料や化学物質が入っているものは痒みを誘発させるので
できるなら「自然由来なもの」を選択してください。

補足
今でも 「アトピーはひとにうつる」などの心ない言葉が横行していて
いじめの対象にもなるお話しをお聞きします
(かくいう自分もいじめの対象になりツラい思いをしました)

断じて言います
アトピーは絶対うつりません!!!!!!!
そういう話をお聞きしたのならしかるべき対応をしてください。
子供が泣いて帰ってきたら抱きしめてあげてください 社会(コミュニティ)で
いじめられたらすぐに自分に相談してください。

またいじめとなる原因の症状のひとつで身体からでるジュクジュクですが
これは黄色ブドウ球菌による繁殖が主な原因です。
人の体には無害なので安心してください。
治療を続ければジュクジュクも消えてきます!!!!!

ステロイド軟こうに関しての注意点
散々ステロイドは良くないと書いてきましたが、アトピー治療を受けている方
これから始めようとしている方、皆様にお伝えしたいことです。
それは、 ステロイド軟膏を止める場合は、薬の強さと頻度を段階的に落としていき
時間をかけて止めなくてはいけないということです。

なぜかというといきなり投薬を止めることで、投薬を開始する以前よりも
さらに症状が悪化するという
俗にいう「リバウンド症状」が出るからです。

ステロイド軟膏の使用をやめると抑制されていた皮膚の機能が
急激に活性化します。
皮膚を再生させよう、感染症を防ごうなどの様々な機能が働くわけです。
ステロイドを使用している間に皮膚の状態は 正常な状態からは程遠い状態に
変わり果ててしまっているので 皮膚は必死に正常な状態に戻そうと、
古くなった皮膚を作り替え 皮膚に繁殖している雑菌などを殺そうと通常以上に働きます。

その結果、アトピーでない人であっても、激しい炎症を引き起こします。
ステロイド入り化粧品を使用していた方が、
使用をやめた時に 顔が真っ赤に腫れてしまうのはこの作用が原因です。
これがアトピーに悩まされている患者様の場合は
このリバウンドは本当に想像を絶する苦痛になります。
アトピーを抑える自分自身がもつ副腎皮質ホルモン生産能力も
減退しているためアトピーが一時的に悪化するのです。
ステロイドによって働きを失った皮膚が元に戻るまで
2~3ヶ月は症状が続きます。 (考え方としてはダイエットと似てるかもしれないですが)
ステロイド軟膏を止める場合は、薬の強さ、頻度を段階的に
落としていきましょう。
同時にアトピー整体で体質を改善していきストレス無く
アトピー改善を 目指しましょう。

最後にいろいろ書きましたが これだけは言わせてください

アトピーは整体+αで改善できます!!!!!

いきなり、そして急激に改善することは少ないですが、 アトピー整体をしていくと
少しずつですがお体に変化が出て生まれかわります。
自分もアトピー性皮膚炎になっているので
改善するまでの間におこる様々なツラさは凄いわかります。

ですがあきらめなければ、開けてくる道があります
あさひ整骨院はあきらめないあなたの味方になりたいのです

今アトピーで悩まれている方が、将来アトピーで悩まない未来を
手に入れるためのお手伝いができれば幸いです。

アトピー性皮膚炎は
このような原因が考えられます

  • 身体の外に毒素を出せない
    (汗の排出や便秘などの排泄)
  • 疲労などからくる内臓の働きの低下
  • 頭蓋骨の歪みによる身体の問題
  • 免疫力の低下
  • 栄養不足や肌の保湿がうまくいかない
原因

当院のアトピー整体は
このような方に向いています

  • アトピーに良いものはたくさん試したけど、どれも効果がなかった
  • アトピーのため肌を見せるところに行けなかった
  • ステロイドが身体に悪いことは知っているが、やめるとツラいので手放せない
  • 物心つくころからかゆくてかかずにはいられなかった
  • 子供がアトピーで苦しむ姿を見ていられない
  • これからずっとアトピーのことを気にしない生活を送りたい

当院のアトピー整体は
このような効果(メリット)があります

  • 原因がはっきりとわかる
  • 根本治療のため変化が早い
  • 日常生活やの栄養面のアドバイスがもらえる
  • 治療期間が明確
効果

アトピー整体の効果

症状例1
※効果には個人差があります。

症状例3
※効果には個人差があります。

症状例2
※効果には個人差があります。

症状例4
※効果には個人差があります。

症状例5

※効果には個人差があります。

注意事項など

  • ・アルコールを飲んでいる方はご遠慮ください。
  • ・かゆみ止めなどの薬を直前に飲んでのご来院はご遠慮ください。

選ばれる理由

  1. 薬に頼らない根本治療を行います
  2. 体に優しい施術なのでどんな方でも安心して受けられる
  3. 院長もアトピーを経験しているので悩みが分かる

施術の流れ

  • 01 ご予約・ご来店
    ご予約・ご来店

    お電話での予約もしくは、 インターネットで24時間予約できます。

  • 02 問診票記入
    問診票記入

    待合室で問診票に今の状態を記入してもらいます。

  • 03 問診
    問診

    今の状態を知るために、しっかりと問診をします。

  • 04 体のチェック
    体のチェック

    身体の状態を把握します。 悪い原因を見つけます。

  • 05 施術
    施術

    個人個人にあった、ポイントと施術時間で より最大限に効果がでるようにしております。

  • 06 施術効果の確認と解説
    施術効果の確認と解説

    施術をする前とした後では、 どれくらい体に変化が起こっているのかを確認します。 そして今回行った施術に対しての解説を行っております。

  • 07 お会計・お見送り
    お会計・お見送り

    他のサロンや院とは違い、明朗会計です。 知らない間に追加料金がかかっていたなどは一切ありません。ご安心ください。

アトピー整体料金表 アトピー整体料金表

予約優先制

  • お電話でのご予約・お問い合わせ

    お電話でのご予約・お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    メールでのお問い合わせ

        
    営業時間営業時間
     

所在地

当院までの道案内はこちら

おすすめの関連記事