あさひ整骨院
MENU

愛知県尾張旭市でうつ・自律神経失調症の事ならあさひ整骨院へ

愛知県尾張旭市でうつ・自律神経失調症の事ならあさひ整骨院へ

うつ・自律神経失調症

愛知県尾張旭市大久手町  あさひ整骨院の
うつ病・自律神経失調症の治療を専門に行う
数少ない整骨院です。

「めまいで体がフラフラする。地面が揺れている気がする」
「のどが詰まる。のどに何か引っかかっている感じがある」
「いくら寝ても疲れがとれない」
「よく眠れない。途中で目が覚めてしまう」

あなたはこのような症状にお悩みではないですか?
このような症状は自律神経失調症です。

自律神経失調症は
自律神経が乱れることで発生する症状です

その自律神経ですが2種類に分かれていて
交感神経と副交感神経の2つに分けられます。

交感神経とは?
労働・闘争・運動・興奮・緊張感・恐怖感・危機感 等のときに働きます。
太陽が昇るとともに徐々に活発になり、昼間でピークになります。
夕方から夜にかけて段々働かなくなってきます。

副交感神経とは?
「休む・眠る・くつろぐ・内臓が動いている時・安心感を覚える・カラダの修復」
などのときに良く働きます。

あなたが意識することなく、
日々変わらず動き続けているのが自律神経です。

自律神経失調症の症状は多岐に渡ります。
めまい(ふわふわ・ぐるぐる)・耳鳴り・難聴・
不眠症(眠れない・途中で起きる・朝早く起きてしまう)
動悸・息切れ・呼吸がしにくい・のどがしめつけられる・食欲不振・顔が火照る
低体温・肩こり・腰痛・頭痛・手足のシビレ、痛み手足が冷える・
便秘・下痢・イライラする、全身倦怠感など

症状は上記のように多岐に渡るため、病気かな?と病院に行ってみても
自律神経の乱れが原因のため、特に病変があるわけではなく
検査をしても原因がみつからないために異常はない、なんでもないと言われてしまいます。

つらいことには変わりはないので、なんでもなくはないのですが
原因がわかりにくいために、病院では適切な治療やアドバイスが
あまりされないのが自律神経失調症の特徴です。

また、自律神経失調症の怖いところは、初めは身体の症状だったものが悪化すると、
意欲の低下・不安感・抑うつなどの精神的な症状まで出てしまうことです。

こうなると、病院ではうつ病やパニック障害などの診断が出されます。

ここが大事なとこなのですが
自律神経失調症は身体の症状が主に出るのに対して
うつ病は自律神経失調症が進行しておこるので、主に心の症状が出てきます。

つまり
体の症状が先に出るので自律神経失調症の状態がうつ病よりも先に来ます。
多くの場合は、体の症状に何ら有効な対応が長期間できない場合、
うつ状態になりそしてうつ病になってしまうのです。

あなたはご自分で自律神経失調症を良くしようと
病院に通院したり休養をとったりしたかもしれません。
しかし自律神経の乱れを整えるには、それでは不十分なことが多いです。

自律神経失調症の原因
自律神経失調症の原因は「精神的ストレス」と一般に思われていますが
それだけではありません。

「4つのストレスが重なること」であなたの身体の許容量を
オーバーして処理しきれなくなり、自律神経の乱れが起きます。

4つのストレスとは

1.精神的ストレス
仕事関係・人間関係など、
基本的に自分が嫌だな~

思うことが精神的ストレスになる。
人間関係以外でも、嫌いな虫・動物が目の前にいる
満員電車に長い間立ちっぱなしなども精神的ストレスに。

2.構造的ストレス
骨盤・背骨の歪み・筋肉の緊張・悪い姿勢
脳にストレスを与えます。
腰痛や肩こりがあるとイライラするのは、
構造的ストレスです。

3.化学的ストレス
栄養素の過剰・不足など
体の中に入ってくるものによるストレス。
食物や添加物、薬品のように口から胃腸に入るもの
排気ガス・シンナー・タバコ・大気汚染など 
気体によって肺・皮膚から体に入るものまで含みます。
高い山に登り、酸素が薄くなることも化学的ストレスになります。

4.温度・湿度のストレス
気圧・温度・湿度の変化によるストレス。
高気圧から低気圧に急に変化すると、体が気圧の変化に対応するために負担がかかります。
暑すぎる・寒すぎる場所にいること、
湿度が高すぎる・低すぎる場所にいることは
それだけでもストレスになります。
ストレスを多く抱えていたり、体が弱っている不調の人は
気候の変化だけでも症状がでることがあります。
冷たい空気を吸うと咳き込むことや
天気が悪くなる前に膝などの関節が痛むのも気候的ストレスです。

このような4つのストレスが重なることで
カラダがストレスに対処しきれなくなり
自律神経が乱れてしまい、自律神経失調症になります。

人間は生きている以上、この4つのストレスから逃れることはできません。
4つのストレスを受け入れる器(=あなたの身体)は、ひとつです。

なぜわざわざストレスを4つに分類するのでしょうか?

それは確実な対策を行うためです。
うつ・自律神経失調症の原因が
ストレスであることは
多くの方がなんとなく理解されていると思いますが、
ストレス=精神的ストレスと
勘違いしている方が多いために
対策に限りや誤りをしていることがよくみられます。

例えば、許容量を10として、それを超えたら症状が出るとします・・・

・体のゆがみで、構造的ストレス=5
・甘いものや、カフェインで、化学的ストレス=3
・気温の寒暖の差が大きく、気候のストレス=2

この時点で、すでに「容量いっぱいの10」あるわけです。

この状態で、ちょっとした不安や恐れなどの
精神的ストレスが「1」加わったとすると・・・、
それで合計は11となり、容量オーバーです。

この場合、
症状を起こしたきっかけは精神的ストレスですが
これだけを原因として、
片づけていてはいつまでも体は改善しません。
(一般的に、この精神的ストレスだけを原因と決めつけてしまう傾向にあります)

構造的ストレス、化学的ストレス、気候のストレスなど、
それぞれを減らしてあげれば、同じ精神的ストレスがかかっても
許容範囲で収まり、症状は出にくくなります。

日によって、同じ精神的なストレスが、我慢できる時と、できない時があります。
それは、他のストレスの積み重ねや、バランスが違っているのです。
また、このコップの大きさには、個人差があります。

『あの人も同じようにしてるのに』

『みんなこれくらいやってるでしょ』なんて言わないでください。

症状が出ている以上
『あなたのストレスを受け入れられる容量はオーバーしている』
ということなのです。

また、精神的ストレスが原因と思い、カウンセリングや心理セラピーを受けて
精神的ストレスを減らそうとしても、原因が違うために無駄になる可能性があります。
症状の出方によって、むしろ体のケアをして構造的ストレスを減らすこと
食事と時間の改善をして、化学的ストレスを改善することが
うつ・自律神経失調症をよくする可能性が高いことになります。

このように、ストレスを一括りにしてしまうと有効な対策どころか、効果のないことを
続けてしまう可能性が高いためにストレスを分かりやすく4つに分類するのです。

うつ病について

DSMではうつ病には2つの主要症状が基本となる。と伝えています。
※DSM=
DiagnosticandStatisticalMnualofMentalDisorder
アメリカ精神医学会による精神障害の診断と統計の手引き

①うつ気分(気分の落ち込み)
②興味関心、または喜びの消失

このどちらかがあれば、うつ病として診断されます。

抑うつ気分とは?
気分の落ち込みや、何をしても晴れない嫌な気分や、空虚感・悲しさなどが挙げられる。

興味・喜びの喪失とは?
以前まで楽しめていたことにも楽しみを見いだせず、感情が麻痺した状態である。
つまり「興味・喜びの喪失」とは以前まで楽しめていたことにも
楽しみを見いだせず、感情が麻痺した状態である。

この2つの主要症状のいずれかが
うつ病を診断するために必須の症状であるとされている。
これら主要症状に加えて、「抑うつ気分」と類似した症状として

「自分には何の価値もないと感じる無価値感」
「自殺念慮・希死念慮」
「パニック障害」
などがあります
そのほかにうつ病の症状として

意欲が出ない・何に対しても興味がわかない・心から笑えない、
喜べない・頭が働かない、集中力ない・死にたくなる・など

うつ病とは、主に心に症状が出てきます。

うつ病には、DSMでは、9つの代表的な症状を挙げています。
次の9つの症状のうち5つ以上が2週間以上にわたって、存在すること。
または、先ほどの①抑うつ気分②興味関心または喜びの消失
どちらか一つがあることでうつ病と判断できると定義しています。

1.ほとんど一日中、ほとんど毎日の抑うつ気分(気分の落ち込みや空虚感)。
自身の言葉 だけでなく、観察において示される場合もある。
注)幼少期や青年期ではイライラしている気分の状態もある

2.ほとんど一日中、ほとんど毎日、ほとんどすべての行動に対して、興味や関心の消失。
または喜びの著しい減退。自身の言葉だけでなく、他者観察において示される場合もある。

3.著しい体重の減少、または増加(一か月で体重の5%以上の変化)
また、ほとんど毎日の食欲減退、または過剰。
注)小児には期待される体重増加がみられないことも考慮

4.ほとんど毎日の不眠、または睡眠過多

5.ほとんど毎日の精神運動性の制止(=思考が働かない)
または焦燥(=なんでかわからないけどソワソワする)
(他者観察の方が正確で主観的感覚は判断材料になりにくい)

6.ほとんど毎日の疲労感、または気力の減退。

7.ほとんど毎日の無価値感、または不適切な罪責感。(妄想的な場合もある)

8.思考力・集中力の低下。または決断困難がほとんど毎日認められる。

9.死についての反復思考。特別な計画はないが、反復的な自殺念慮、
または自殺企図。 (衝動的である)
または自殺するためのはっきりとした計画。
症状は著しい苦痛、または社会的、職業的、またはその他の領域において、
著しく機能の障害をおこしていること。

症状は、薬物の乱用や一般的な身体疾患(甲状腺機能低下症など)によるものではないこと。

鬱病のエピソード

1.集中力や注意力の減退
2.自己評価と自信の低下
3.罪責感と無価値感
4.将来に対する希望のない悲観的見方
5.自傷あるいは自殺の観念や行為
6.睡眠障害
7.食欲不振

気分の落ち込みは日による変化が少なく、しばしば環境に対して無反応であるが、
日が経つにつれて日内変動を示すことがある。
思春期は非定型的な症状を示すことが普通である。
鬱病エピソードは、重症度に関わらず、少なくとも2週間以上の持続が必要とされる。

重症のガイドライン

軽症エピソード
抑うつ気分、興味と喜びの喪失、または易疲労性の二つが該当し
前項に記載された症状の2つが該当する。いかなる症状も著しい程度であってはならない。
通常、症状に悩まされて日常の仕事や社会活動を続けるのに
いくらか困難を感じるが、完全に機能できなくなるまでのことはない。

中等症エピソード
抑うつ気分、興味と喜びの喪失、または易疲労性の二つが該当し、
前項に記載された症状の3~4つが該当する。
そのうちの一部は症状が著しい程度にまでなることもあるが
全体的で広汎な症状が存在するならば中等症。
中等症の方は、通常社会的、職業的、あるいは家庭的活動を続けていくのが困難になる。

重症エピソード
重症の方は、通常かなりの苦悩を示す。
自尊心の喪失や無価値感や罪責感を持ちやすく、
特に重症な症例では、際立って自殺の危険性が大きい。
重症エピソードは身体症状が大きい。
抑うつ気分、興味と喜びの喪失、易疲労性のすべてに該当し
前項に記載された症状の4つに該当し、更にそのうちいくつかは重症である。
しかし、精神運動抑制(精神運動制止)が顕著であれば症状を詳細に話してはくれないことが多い。
重症の方は、通常社会的、職業的、あるいは家庭的活動を続けることはほとんどできない。

最後にいろいろ書かせていただきましたが

「通院して本当によくなるのか?」

これを読まれてるあなたはただ不安に感じているのだと思います。
実は私も含め両親や兄弟も自律神経失調症やうつ病に苦しめられてきました。
なので、あなたの気持ちがよくわかります。

でもこれだけは言わせてください

あなたが自律神経失調症やうつ病になったのには、とても大きな理由があります。
あなたが自律神経失調症やうつ病なった理由・・・・・・・

「それはあなたの身体が正常に働いているからです!!!」

正常に働いているのに何故病気になるのでしょうか?
人の身体は、休まなければならない時に
「病気」というかたちでそれを知らせるようになっているのです
人により何の病気になるかは違いますが
あなたの場合は、それが自律神経失調症やうつ病だったのです。

愛知県尾張旭市大久手町 あさひ整骨院では筋肉調整を始め、
頭蓋療法・内臓調整・ 呼吸の改善・姿勢・歩行の改善を行い、
同時に生活改善のアドバイスをしていくことで
うつ病・自律神経失調症の症状改善を行っていき、あなたの環境を整える
お手伝いをさせて下さい。
どうすればいいのか分からない、他では良くならなかったあなたも
お気軽にご来院ください。

うつ・自律神経失調症は
このような原因が考えられます

  • 人間関係や職場のストレス
  • 体の歪みや不良姿勢によるもの
  • 食べ物や科学的な匂い(たばこ、排ガス)
  • 温度と湿度のストレス
  • 骨盤・背骨の歪みによるもの
  • 筋肉の緊張によるもの
  • 悪い姿勢によるもの
  • 気圧の変化
原因が考えられます

当院の施術はこのような方に向いています

  • 原因不明の体調不良に悩んでいる方
  • めまいや耳鳴りがひどい方
  • 頭痛や全身のだるさがある方
  • やる気、元気が出ない方
  • 常にイライラしている方
  • 腸の乱れ(便秘下痢)がある方
当院の施術はこのような方に向いています

当院の施術にはこのような効果(メリット)があります

  • 症状がすみやかに快方にむかう
  • 再発がすくない
  • 原因と再発予防対策の指導をしてもらえる
  • 自律神経やうつ病に対する、
    疑問に的確な答え
    を教えてもらえる

注意事項など

  • ・アルコールを飲んでいる方はご遠慮ください。
  • ・痛み止めなどの薬を直前に飲んでのご来院はご遠慮ください。

施術内容

あさひ総合整体療法

あさひ総合整体療法
ソフトな施術で筋肉を緩めながら筋肉調整を始め、 頭蓋療法・内臓調整・呼吸の改善・姿勢・歩行の改善を行い、 同時に生活改善のアドバイスを行います。

個室完備

あさひ総合整体療法
個室を完備しておりますので、 こちらで安心して治療を受けて頂けるようになっています。

選ばれる理由

  1. 短期間で結果が出ます
  2. 治療期間の目安がわかるので通院しやすい
  3. 体に優しい施術なので安心出来る

施術の流れ

  • 01 ご予約・ご来店
    ご予約・ご来店

    お電話での予約もしくは、 インターネットで24時間予約できます。

  • 02 問診票記入
    問診票記入

    待合室で問診票に今の状態を記入してもらいます。

  • 03 問診
    問診

    今の状態を知るために、しっかりと問診をします。

  • 04 体のチェック
    体のチェック

    身体の状態を把握します。 悪い原因を見つけます。

  • 05 施術
    施術

    個人個人にあった、ポイントと施術時間で より最大限に効果がでるようにしております。

  • 06 施術効果の確認と解説
    施術効果の確認と解説

    施術をする前とした後では、 どれくらい体に変化が起こっているのかを確認します。 そして今回行った施術に対しての解説を行っております。

  • 07 お会計・お見送り
    お会計・お見送り

    最後に料金をお支払いただきます。 他のサロンや院とは違い、明朗会計です。 知らない間に追加料金がかかっていたなどは一切ありません。ご安心ください。

料金のご案内 料金のご案内

予約優先制

  • お電話でのご予約・お問い合わせ

    お電話でのご予約・お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    メールでのお問い合わせ

        
    営業時間営業時間
     

所在地

当院までの道案内はこちら

おすすめの関連記事