あさひ整骨院
MENU

愛知県尾張旭市でうつ・自律神経失調症の事ならあさひ整骨院へ

愛知県尾張旭市でうつ・自律神経失調症の事ならあさひ整骨院へ

めまい

めまいって何だろう?

めまい

「ぐるぐる天井が回ることがある。」
「ゆらゆら揺れている気がする。」
「ふわふわふわふわしている。」
「起き上がるときにクラッとくる。」
一口にめまいと言っても、いろんな種類のめまいがありますが

それは平衡感覚に問題が生じている状態のことをいいます。

めまいの原因とは?

人間の平衡機能は
・足の裏から伝わる感覚刺激
・目から入ってくる視覚情報
(光も関係あります)

・耳の奥にある前庭器から伝わる情報
を小脳でコントロールし、大脳で統轄しています。

そこからの指令によって
全体のバランスを取ることが
できるようになっているのです。

めまいの原因となる身体の場所
めまいが起きるという事態に至った場合
それはバランスを司る前庭系か脳に
不具合が発生しています。

バランス機能が働かない理由
体の不調でその部位が障害されているか
機能の低下が起こっているかのどちらかになります。

めまいのときに不調になる場所として
・前庭(三半規管、耳石器)
・前庭神経
・脳
の3点が特に多くみられ

体の不調の問題や
ウィルス性の炎症、腫瘍による圧迫や
血栓や梗塞などによる虚血状態などが
考えられます。

また、上記の機能の低下については
トータルストレス量の過剰によるもので
つまり自律神経の失調状態や、
栄養の不足によるもの
頭頚部の歪みによる血流の不足から
くるものなどが考えられます。

では次に、それぞれの部位でどのようにめまいが起こるかを見ていきます。

前庭(三半規管、耳石器)
めまいの原因として最も多いとされるのが
「良性発作性頭位めまい症」で
耳石の剥離から半規管への異物の混入によって
めまいが引き起こされてしまうパターンです。

めまいというと、
パッと頭に浮かぶのはメニエール病ですが
これは内耳のなかの膜迷路と呼ばれる器官を
満たしている内リンパ液が
過剰に増えることによって
内リンパ水腫が発生するものです。
また、血流の不足、つまり栄養不足による
機能低下によって
めまいが起こるとも考えられるため
神経や血管が密集する場所
つまり頭頚部の歪みや
凝りについても考慮する必要があります。

前庭神経
もっとも代表的なのは、
ヘルペスウィルス等によって
前庭神経が障害されることで引き起こされる
「前庭神経炎」です。
これは伝達経路の不具合によって
めまいが生じるパターンです。
そのほかに、当然のことながら
神経や血管が密集する場所の状態
を考える必要があります。


脳本体の障害としては「脳腫瘍」など

栄養不足によるものとしては「脳血管障害」が考えられます。
どちらにしても命にかかわる状態なので
めまいよりもより重篤な神経系の症状を伴うことが一般的です。
他にもストレス過剰によって負荷がかかり過ぎたために
脳の機能低下からめまいが起こることもあります。
これは、自律神経の乱れによるものと言えます。
これ以外にも歪みや凝りによるものもこれに当たります。
ただし、これらの場合にも
自律神経によるカバーができなくなっていることも考えておく必要があります。

めまいとストレスの関係について

近年、ストレスがめまいに与える影響が注目されるようになってきました。
メニエール病のメニエール気質などは精神的なストレスを増幅させますし
歪みや凝りなど体の問題は構造的なストレスとなります。
また、脳の機能低下や自律神経によるからだの調節機能の低下は
ストレスレベルの増大によって引き起こされてしまいます。

本来、十分にからだの機能が発揮できていれば、
血流の問題
耳石の剥離
内リンパ水腫
ウィルスへの耐性
血圧調節
なども滞りなく対処され、めまいにまで発展するケースは
かなり少ないのではないかと考えます。

ストレスの種類としては

1.精神的ストレス
2.構造的ストレス
3.暑さ寒さのストレス
4.カフェインや甘いものなどの
化学的なストレス

5.気圧の変化など、環境変化によるストレス
6.水分や栄養の不足
7.アレルゲンや薬
など、ストレスには色々な種類があります。

こうしたストレスの蓄積で負担がかかり
許容範囲を超えてしまうことによって
自律神経のコントロールがうまくできなくなってしまいます。
今までは、たとえ負荷がかかっていたとしても
他のところでカバーできていたものが
負担が大きくなりすぎることによって許容範囲を超えてしまう。
そうすると、水分調節、血流調節、そのほか自律神経のコントロールが
出来なくなってしまうのです。
腰をカバーできなくなればぎっくり腰に
首なら寝違いに
神経なら自律神経失調症にということになってしまいます。

めまいへのアプローチ

めまいになるということは
めまいに関わる部分への負担があるということです。

脳腫瘍や、脳梗塞など、命にかかわるもののように障害が大きい場合には
手術などで直接そこにアプローチする必要があります。

しかし、そうでない多くの場合には
・体の負担を減らす方向でのアプローチ
・自律神経のコントロールを取り戻すこと
・脳を鍛えることなど(リハビリ運動)

異なる形でのサポートが必要になってきます。

めまいの治療において必要なこと

重要なことはストレスにより
もともとの機能として弱い部分から症状が出はじめます。
そこを整えていき身体のリハビリをして治療が完成します。
例えば
・整体でストレスを減らすこと
・目の体操など脳のトレーニング
・そして自律神経のコントロールを取り戻すことが重要です

あなたは今、肩に力が入っていたりしませんか?
左右の肩の高さが違っていたりしませんか?
左右の目の高さは同じですか?
首や肩にコリなどはありませんか?
実はある程度ゆがんでいても人間の体は大丈夫なように出来ています。
しかし限度を超えると、体の各器官の機能が低下していきます。
各器官が機能低下すると、その人の体の弱い部分が症状を持ちはじめます。

そのため、ストレスによって頭痛が出る人もいれば
腰痛が出る人もいるのです。
そして耳周辺の機能がもともと弱い方は
めまいや耳鳴りや難聴などの症状となって現れます。
その他にもストレスからくる症状としてよくみられるものは、
肩こり・首のこり、頭痛、不眠症、食欲不振などです。
(体とこころの関係が繋がっていなくても同じ症状が出ます)

めまい・耳鳴り・難聴も含め、
これらは自律神経失調症やうつでも出る症状です。
そのため、これらの症状がある方は自律神経が
狂い始めている場合も多いのです。
そのままにしておくと、自律神経失調症になることがあります。

このような症状が出ている方は早めの施術をお勧めしております。
何故なら、症状が軽いうちでしたら早く治ることが多いからです。

めまいにおける注意点(危険なめまいについて)

悪性発作性頭位めまい症
頭の位置を変えたときにめまいが起こりますが
良性のものと違って30秒程度では治まらず
そのポジションを取ると、必ずめまいが発生します。
悪性発作性頭位めまい症は小脳の問題といわれていますが
神経系の症状が強く出ないため注意が必要です。
特徴的な眼振が見られます(目が縦に揺れる)

特殊なめまいとしての神経血管系の問題
まず、緊急性、命の危険があるものとして、脳出血があげられます。
この場合、かつて経験のないほどの激しい頭痛
意識障害などが先に立ち、めまい以前の問題があるので
即救急車を呼んでください。

また、それ以外の脳血管障害でも
手足のしびれや、ろれつが回らない、力が入らない
ものが二重に見えるなどの状態が引き起こされます。
こうした神経血管系の症状を伴っている場合には
脳の問題が疑われるため、すぐに病院に受診すべきです。

ただ、実のところ、救急外来で見られるめまいの患者のなかで
命にかかわる危険なものは2~3%程度。
また、めまい外来を受診する患者では1%未満であると言われています。
初めてめまいが起こったときには相当動揺するかもしれませんが
むやみに恐れる必要はありません。
ただし、絶対に大丈夫、危険ではないとは言えないので、
強い神経症状が出ていないか
めまい以外に只事ではないと思える症状が
みられないか、しっかり確認することが大切です。
そして、症状があれば病院へ直行すべきです。
(脳神経外科の受診で異常なしなら

そのめまいは自律神経の問題と確定します)

(注)下記の症状の方は、すぐに脳神経外科で検査を受けましょう
・めまいと一緒に頭痛が出て10分以上止まらない
・目をつぶって自分の人差し指を自分の鼻にスムーズに触れられない。
(指が大きくずれる、指が震える)
・めまいが横にグルグル回るのではなく、縦にグルグル回る場合
これらがありましたら出来るだけ早く
脳神経外科で検査をして脳の確認をしてください

当院の施術はこのような方に向いています

  • 動き始めにめまいがする方
  • 目をつむっていてもめまいを感じる方
  • ふわふわやぐるぐる、浮遊感がおさまらない方
  • めまいで日常生活に支障が出ている方
  • めまいと一緒に肩こりや頭痛、耳鳴りや吐き気がある方
  • めまい症状をぶり返す方
  • 薬を手放せない方
  • 医療機関やほかの治療院・整骨院へ行ったが症状が治らない方
当院の施術はこのような方に向いています

当院の施術にはこのような効果(メリット)があります

  • 原因がはっきりわかる
  • 自律神経の乱れが改善できる
  • 頭痛や肩こり、耳鳴りや吐き気の不調も改善できる
  • 体と心の両方が整い生活しやすくなる
  • めまいの再発が圧倒的に少なくなる

注意事項など

  • ・アルコールを飲んでいる方はご遠慮ください。
  • ・痛み止めなどの薬を直前に飲んでのご来院はご遠慮ください。

施術内容

自律心体療法

自律心体療法
ソフトな施術で筋肉を緩めながら筋肉調整を始め、 頭蓋療法・内臓調整・呼吸の改善・姿勢・歩行の改善を行い、 同時に生活改善のアドバイスを行います。

個室完備

あさひ総合整体療法
個室を完備しておりますので、 こちらで安心して治療を受けて頂けるようになっています。

選ばれる理由

  1. 根本原因の改善ができるため結果が出るのが早い
  2. 治療期間の目安がわかるので通院しやすい
  3. 体に優しい治療法なので安心できる(妊婦も可)

施術の流れ

  • 01 ご予約・ご来店
    ご予約・ご来店

    お電話での予約もしくは、 インターネットで24時間予約できます。

  • 02 問診票記入
    問診票記入

    待合室で問診票に今の状態を記入してもらいます。

  • 03 問診
    問診

    今の状態を知るために、しっかりと問診をします。

  • 04 体のチェック
    体のチェック

    身体の状態を把握します。 悪い原因を見つけます。

  • 05 施術
    施術

    個人個人にあった、ポイントと施術時間で より最大限に効果がでるようにしております。

  • 06 施術効果の確認と解説
    施術効果の確認と解説

    施術をする前とした後では、 どれくらい体に変化が起こっているのかを確認します。 そして今回行った施術に対しての解説を行っております。

  • 07 お会計・お見送り
    お会計・お見送り

    最後に料金をお支払いただきます。 他のサロンや院とは違い、明朗会計です。 知らない間に追加料金がかかっていたなどは一切ありません。ご安心ください。

料金のご案内 料金のご案内

予約優先制

  • お電話でのご予約・お問い合わせ

    お電話でのご予約・お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ

    メールでのお問い合わせ

        
    営業時間営業時間
     

所在地

当院までの道案内はこちら

おすすめの関連記事